発育運動

未分類

おはようございます。今日はコロナウイルスで電車乗るより車移動が増えた澤田が、お家でも出来る幼少期の運動を紹介します。

車酔いと聞くと小さいお子様や女の人に多いような気がします→僕の偏見だったらすいません。科学的根拠はないので許してください(笑)

車酔いは三半規管が弱いとおこりやすいと言われてます。三半規管は聞いたことありますか?

この三半規管も成長期に身体と一緒に成長します。特に頭の位置を動かすことで、『あっ戻さなきゃ!』と身体に指令をだします。

幼少期に三半規管を成長させることで、平衡間隔やバランス間隔などが養われるのです。これに全身運動をまぜることで成長に必要な運動となります。

おうちでも出来るゴロゴロをしましょう。言い方はいろいろありますが、マットの上で手と足をしっかりと伸ばし横に転がる運動です。

このように全身運動をしながら、身体の位置をまっすぐに整えるのは頭の位置が変わるので、幼少期は、難しかったりします。ちょっとしたことですが、工夫してお家でもやってみてください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧